2015年1~3月の活動・支援報告
2015 / 07 / 05 ( Sun )
*2015年1〜3月の活動・支援報告*

(活動報告)

2015年1〜3月を通して、Tシャツ12点、バック24点、エプロン16点の、計52点のアイテムを販売いたしました。

2015年3月、相模原市翠ヶ丘教会付属幼稚園父母会様より、5,000円のご寄付をいただきました。
翠ヶ丘教会付属幼稚園様には、2013年、2014年と教会・幼稚園バザーの際に出店させて頂くご縁がありました。
当時、仙台から転居して間もないスタッフを通して我々の活動を知り、先生方、父母の皆様が東北の親子の為にと多くのあたたかいお気持ちを寄せて下さいました。

この頃はスタッフが転勤などで全国に散らばってしまい、仙台でそれまで顔を見てすぐ話せる環境で活動をしてきた私達が離れてどう続けていけるのか、大きな不安を抱えていた時期でもありました。
そんな時、幼稚園の聖書勉強会の集まりで、園長先生ご夫妻やこの日参加されたお母様方にこの活動について話を聞いていただく機会がありました。この時に皆さんから秋の教会・幼稚園バザーで販売してみたらどうだろうかと言っていただいたことが相模原での始まりの一歩でした。

バザー当日までには周りのお母様方と、また当日私達のブースに寄ってくださった多くのママパパ達、園児のおばあちゃま、教会員の方、ご近所の方々といろんなお話をさせていただく事ができ、皆様の「東北を応援したい!」という気持ちを強く感じる事ができました。スタッフとして何ができるかと悩みながらいた私達自身にも大きな力を頂けた事を心から感謝しております。
この度の父母の会様からのご寄付も大切に活かしていきたいと思っております。
本当にありがとうございました。



(支援報告)


今回は残念ながら支援の報告はございません。
支援要請があったりもしたのですが、季節物でタイミングが合わなかったり、支援内容の規模が大き過ぎたりとうまくマッチングすることができませんでした。
それでもまた折をみて現地の様子を聞きお話させていただいて、その時の私達にできる支援をしていけたらと思っております。

また、この春にはスタッフ2名が関東から中国・北陸地方に転居することとなり、スタッフ間の距離がさらに大きくなってしまいました。それぞれの地で何ができるのか、どのように活動を続けていくことができるのか、考え模索しながらではありますが、これまでと変わらず東北に心を寄せていきたいと考えております。

2015年3月末までに、約2,080人の方々に2,942点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,592,560円と、お寄せいただいた寄付金291,568円を合わせた
計1,884,128円からこれまでの諸経費90,933円を差し引いた金額1,793,195円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
合計559,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
21 : 32 : 50 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2014年9~12月の活動•支援報告
2015 / 01 / 25 ( Sun )
*2014年9〜12月の活動・支援報告*

(活動報告)

2014年9〜12月を通して、Tシャツ47点、バック32点、エプロン13点の、計92点のアイテムを販売いたしました。

2014年11月3日、翠ヶ丘教会バザーに出店いたしました。
11月3日相模原市翠ヶ丘教会付属幼稚園のバザーに出店させていただきました。
去年に引き続き2回目の出店となりました。
当日は、幼稚園の保護者・祖父母様や教会会員の方、卒園生やご近所さんなど、多くの方がブースに寄ってくださり、34人の方に45点のチャリティアイテムを買っていただきました。

また、私たちから継続して支援金を贈っています、宮城県で沿岸部の親子たちを山遊びなどに連れていくボランティアグループ『Smile Kids Project ASOBO』さんの活動写真やメッセージを販売ブース横に展示しました。
東北ではまだ支援が必要なこと、私たち一人一人からは小さく見える協力でも、それらを束ねれば具体的な形で支援できるということを子どもたちの写真やメッセージから感じていただけたらと思います。

今回の販売には相模原のママ達にもお手伝いしていただけました。
現在はチャリティバックスタッフ6人が、仙台・埼玉・東京・神奈川と離れた場所に住んでいる為、人手が必要な時に快く『手伝うよ!』と声をかけてくれるスタッフの周りのママ達にこの活動が救われていると言っても過言ではない状況です。
バザーまでの準備にMさん、当日販売をFさん、ありがとう!

そして、販売しながら嬉しかったのは、ブースに立ち寄ってくださる方とのお話のやりとりの中で、東北の親子を思う気持ちをそれぞれの方が話してくださったことです。
『親戚が東北にいて・・』『同じママとして何か親子のお役にたちたい』等々。
私たちはこの様な温かい気持ちをこれからもこの活動を通して東北に伝えていきたいと感じるとともに、東北の親子さんが抱える状況も販売の際にお会いする方たちに直接伝えていきたいと改めて思いました。

今回ご協力いただいた皆様と翠ヶ丘教会様、翠ヶ丘幼稚園様に心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。
翠ヶ丘


(支援報告)

2014年12月、『Smile Kids Project ASOBO』さんへ活動資金として100,000円を寄付いたしました。
今回で3度目の支援となります。『Smile Kids Project ASOBO』さんは、被災地域の子供達が思い切り遊ぶ場や遊ぶ機会を提供しようとボランティアの方々によって震災後から継続して運営されている任意団体です。
お届けしたお金は子供達を山遊びなどへ連れて行く際の貸切バス代や、イベント1日にかかる費用の一部となって使われています。

代表の笠松様よりメッセージを頂きました。
「度重なるご支援、本当に感謝いたします。ありがとうございます。
スタッフの皆様のその後ろに、数え切れないほどの方々の暖かいお気持ちが詰まっていることを胸にしっかり刻み、大切に使わせていただきます。
来月11日に亘理と新地町の子どもたち、3月22日に山元の幼稚園の子どもたちを招待しまして、そり滑りイベントを行います。蔵王山の 噴火ニュースに影響を受けたのか、参加率が下がっていることが悩みの種ですが、安全の上で成功に終われるように、しっかり対策して開催してまいります。」


また、翠ヶ丘教会でのバザーにて展示いたしました文章を掲載させて頂きます。
「亘理町には今も80世帯を超えるご家族(中学生以下)が仮設住宅に暮らしていて、今年ようやく 再建された校舎に通っていたりします。
先日お住まいの中を拝見したのですが、とても成長期の子どもと親御さんが住むには十分ではない狭さです。大きな声も出せませんし、隣に響く音も出せません。ここにもう3年以上暮らしていらっしゃるんですね。
参加された保護者さまより、久々に娘の笑顔を見たとお話いただきました。
子どもたちは子どもたちなりに、我慢して自分をコントロールしているのかもしれません。
また、復興の足並みは自治体ごとでも、ご家族ごとでも本当に異なります。
同じ歩幅は難しくとも、少しずつでも前進していって欲しいと思っています。」

子供の笑顔、親子の笑顔、そのSmileが生み出す力は、日々の暮らしをそっと支えてくれているのではないでしょうか。固まっていた体や気持ちを少しほぐしてくれているのかもしれません。
チャリティアイテムをお買上げ頂いた皆様のお気持ちがたくさんの笑顔に繋がればいいなと願っております。


2014年12月末までに、約2,060人の方々に2,892点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,560,900円と、お寄せいただいた寄付金286,537円を合わせた
計1,847,437円からこれまでの諸経費88,415円を差し引いた金額1,759,022円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
合計559,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
00 : 14 : 33 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2014年11月の活動予定
2014 / 10 / 01 ( Wed )
*2014年11月の活動予定*

神奈川県相模原市の翠ヶ丘教会・翠ヶ丘幼稚園バザーに出店します!

日時:2014年11月3日(月)11時~14時
場所:相模翠ヶ丘幼稚園
   〒252-0312 神奈川県相模原市南区相南2-25-65
       Tel.042-742-1593  (HPはこちら)
   なお、駐車場はございませんので公共交通機関をご利用下さい。

内容:活動展示、チャリティアイテム(バッグ•エプロン•Tシャツ)販売
   (Tシャツは当日注文受付し、後日お渡しになります。)

翠ヶ丘教会・幼稚園のご協力をいただき、今年で2回目の出店になります。
当日は私たち仙台チャリティバックスタッフがブースに立たせていただきます。
教会・幼稚園バザーでは、小さなお子さんが遊べる縁日のようなゲームができたり演奏を聞けたり、美味しい食べ物、可愛らしい手作り小物、リサイクル子ども服の販売もあります。
お近くの方、ご興味ある方、是非お越しください!!
20 : 37 : 11 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2014年5月の活動•支援報告
2014 / 06 / 26 ( Thu )
*2014年5月の活動・支援報告*

(活動報告)

5月1日〜3日、岩手県盛岡市で開催された復興支援イベント「ふくのわ」にて、チャリティアイテムの販売および活動紹介の展示を行いました。
仙台チャリティバックスタッフは会場に立つことは出来なかったのですが、「ふくのわ」スタッフの方のご厚意でアイテムを置かせて頂きました。アイテムを手にとって関心を持って下さった方々、お役に立てるのならとご購入頂きました方々、皆様本当にありがとうございました。
また、「ふくのわ」さんのお誘いで新しくこの活動を知って頂く場を持てたことに大変感謝いたします。

2014年5月を通して、Tシャツ15点、バック30点、エプロン6点の、計51点のアイテムを販売いたしました。

(支援報告)

福島県相馬市に自転車4台をお届け致しました。
4月に自転車の要請のお話を頂きました。福島県相馬市にお住まいの2家族への支援です。それぞれに震災による避難生活や生活の立て直しに慌ただしく過ごされた3年という月日を経て、この春に子供が入園したり、避難先から自宅へ戻ったりと生活の節目を向かえられました。そんな中自転車の必要が出てきた時に、以前耳にしていた仙台チャリティバックの活動を思い出して下さったそうです。
活動を終えている団体が増えている現状もあり、まだこうして支援活動を続けているということをうれしく思って下さったそうで、我々としてもこうしてきっかけがあればまだまだ支援を必要としている方々と繋がる事ができるという事を改めて感じることができました。
小学生のお子さんへの自転車も含まれているのですが、震災からの日々を懸命に過ごしてきた中、除染作業で外での活動や遊びが制限される生活を強いられる時期が続いたこともあり、子供の自転車の練習をみてあげる時間がつくれずにいたこともお聞きしました。様々な思いを抱えながらの日々の暮らしの中で、ご家族で自転車に乗る時間を楽しんで頂けたらなと思います。


2014年5月末までに、約2,000名の方々に計2,756点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,471,140円と、お寄せいただいた寄付金266,506円を合わせた
計1,737,646円からこれまでの諸経費80,965円を差し引いた金額1,656,681円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』へ
  活動資金として2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円
合計459,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
06 : 04 : 09 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2014年4月の活動•支援報告
2014 / 05 / 25 ( Sun )
*2014年4月の活動・支援報告*

(活動報告)

2014年4月を通して、Tシャツ8点、バック11点の、計19点のアイテムを販売いたしました。

(支援報告)

今月は支援活動としてのご報告はありませんが、数台の自転車支援の要請があり、5月中にお届けできるようお話を進めている状況です。

2014年4月末までに、約1090名の方々に計2,705点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,443,460円と、お寄せいただいた寄付金266,506円を合わせた
計1,709,966円からこれまでの諸経費80,965円を差し引いた金額1,629,001円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計52台の様々なタイプの自転車、アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』へ
  活動資金として2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円
合計459,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
05 : 59 : 08 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>