スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2014年9~12月の活動•支援報告
2015 / 01 / 25 ( Sun )
*2014年9〜12月の活動・支援報告*

(活動報告)

2014年9〜12月を通して、Tシャツ47点、バック32点、エプロン13点の、計92点のアイテムを販売いたしました。

2014年11月3日、翠ヶ丘教会バザーに出店いたしました。
11月3日相模原市翠ヶ丘教会付属幼稚園のバザーに出店させていただきました。
去年に引き続き2回目の出店となりました。
当日は、幼稚園の保護者・祖父母様や教会会員の方、卒園生やご近所さんなど、多くの方がブースに寄ってくださり、34人の方に45点のチャリティアイテムを買っていただきました。

また、私たちから継続して支援金を贈っています、宮城県で沿岸部の親子たちを山遊びなどに連れていくボランティアグループ『Smile Kids Project ASOBO』さんの活動写真やメッセージを販売ブース横に展示しました。
東北ではまだ支援が必要なこと、私たち一人一人からは小さく見える協力でも、それらを束ねれば具体的な形で支援できるということを子どもたちの写真やメッセージから感じていただけたらと思います。

今回の販売には相模原のママ達にもお手伝いしていただけました。
現在はチャリティバックスタッフ6人が、仙台・埼玉・東京・神奈川と離れた場所に住んでいる為、人手が必要な時に快く『手伝うよ!』と声をかけてくれるスタッフの周りのママ達にこの活動が救われていると言っても過言ではない状況です。
バザーまでの準備にMさん、当日販売をFさん、ありがとう!

そして、販売しながら嬉しかったのは、ブースに立ち寄ってくださる方とのお話のやりとりの中で、東北の親子を思う気持ちをそれぞれの方が話してくださったことです。
『親戚が東北にいて・・』『同じママとして何か親子のお役にたちたい』等々。
私たちはこの様な温かい気持ちをこれからもこの活動を通して東北に伝えていきたいと感じるとともに、東北の親子さんが抱える状況も販売の際にお会いする方たちに直接伝えていきたいと改めて思いました。

今回ご協力いただいた皆様と翠ヶ丘教会様、翠ヶ丘幼稚園様に心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。
翠ヶ丘


(支援報告)

2014年12月、『Smile Kids Project ASOBO』さんへ活動資金として100,000円を寄付いたしました。
今回で3度目の支援となります。『Smile Kids Project ASOBO』さんは、被災地域の子供達が思い切り遊ぶ場や遊ぶ機会を提供しようとボランティアの方々によって震災後から継続して運営されている任意団体です。
お届けしたお金は子供達を山遊びなどへ連れて行く際の貸切バス代や、イベント1日にかかる費用の一部となって使われています。

代表の笠松様よりメッセージを頂きました。
「度重なるご支援、本当に感謝いたします。ありがとうございます。
スタッフの皆様のその後ろに、数え切れないほどの方々の暖かいお気持ちが詰まっていることを胸にしっかり刻み、大切に使わせていただきます。
来月11日に亘理と新地町の子どもたち、3月22日に山元の幼稚園の子どもたちを招待しまして、そり滑りイベントを行います。蔵王山の 噴火ニュースに影響を受けたのか、参加率が下がっていることが悩みの種ですが、安全の上で成功に終われるように、しっかり対策して開催してまいります。」


また、翠ヶ丘教会でのバザーにて展示いたしました文章を掲載させて頂きます。
「亘理町には今も80世帯を超えるご家族(中学生以下)が仮設住宅に暮らしていて、今年ようやく 再建された校舎に通っていたりします。
先日お住まいの中を拝見したのですが、とても成長期の子どもと親御さんが住むには十分ではない狭さです。大きな声も出せませんし、隣に響く音も出せません。ここにもう3年以上暮らしていらっしゃるんですね。
参加された保護者さまより、久々に娘の笑顔を見たとお話いただきました。
子どもたちは子どもたちなりに、我慢して自分をコントロールしているのかもしれません。
また、復興の足並みは自治体ごとでも、ご家族ごとでも本当に異なります。
同じ歩幅は難しくとも、少しずつでも前進していって欲しいと思っています。」

子供の笑顔、親子の笑顔、そのSmileが生み出す力は、日々の暮らしをそっと支えてくれているのではないでしょうか。固まっていた体や気持ちを少しほぐしてくれているのかもしれません。
チャリティアイテムをお買上げ頂いた皆様のお気持ちがたくさんの笑顔に繋がればいいなと願っております。


2014年12月末までに、約2,060人の方々に2,892点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,560,900円と、お寄せいただいた寄付金286,537円を合わせた
計1,847,437円からこれまでの諸経費88,415円を差し引いた金額1,759,022円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
合計559,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
00 : 14 : 33 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
<<2015年1~3月の活動・支援報告 | ホーム | 2014年11月の活動予定>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。