スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
50台の自転車を贈ることができて感じたこと
2012 / 10 / 13 ( Sat )
*50台の自転車を贈ることができて感じたこと*

2011年4月、子どもたちが通う幼稚園の保護者に呼びかけをさせて頂き、衣類や電化製品、中古自転車等の支援物資を集めました。それを2台の乗用車に入れて、当時石巻市鹿妻南を中心に炊き出し・物資配布・瓦礫掃除等の支援活動をしていたNPOラブネイバーズの本部へお届けに行きました。
海岸に近いその町では車を流された方が多く、自転車の要請が多く寄せられていることを、その時現地へ行き知りました。
そこで伺った『幼稚園へ子どもを送り迎えする自転車がほしい』という声は、子育て中の自分たちと重なり、少しでも力になりたいと思いました。

その時から約1年半が経つ2012年9月、石巻市から仙台市に移って生活している学生のご姉弟に、49台50台目の自転車を贈ることができました。

Tシャツ、バックの販売をしてみようと動きだした1年半前は、どの位チャリティアイテムが売れるのか、そしてその収益を自転車に充てられるかは全くわかりませんでした。
被災地での消費を考え石巻市の自転車店に問い合わせると、津波の被害を受け、開業準備の最中でした。そんな中、ダイシャリン若林店にご協力を頂いて、営業再開したダイシャリン石巻店と連携をとって頂き、6月に親子自転車3台、普通自転車9台を石巻市鹿妻南へ私たちの活動から初めて自転車を届けることができました。
現地のみなさんから『子どもの送迎や支援物資を受取に行くときに助かる』『盗難保険のついた新品自転車が頂けるとは思わなかった、本当にありがたい』等の声を聞くことができたことは本当に嬉しいことでした。

その第一回目から先月までに50台。
49人の方と支援活動されている1グループの方たちへ自転車をお届けすることができました。
きっと、バックやTシャツを買ってくださったみなさんのお気持ちを自転車のカゴにギュッと入れて、今日も東北の各地を走っていることでしょう。

陸前高田のKさん。三輪自転車に乗り、元気に買い物に出かけていらっしゃるでしょうか。
補助なし自転車に乗れるよう練習をがんばっていた山元町の小学生Aくん。スイスイ乗れるようになったでしょうね。
中学や高校へ自転車通学している学生さんたち。
後ろにお子さんを載せて走るママさんパパさんたち・・・・
自転車1台1台に出会いがあり、思いがありました。

応援して下さるお一人お一人に感謝をこめて、50台目を贈ることができたことをご報告させて頂きます。

ダイシャリン様
ダイシャリン若林店のみなさんと、49・50台目の自転車とともに

19 : 04 : 27 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
<<2012年9月の活動・支援報告 | ホーム | 東松島市特定図書費への支援>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。