スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
横浜芽吹きの会主催・保養キャンプへの支援報告(2)
2013 / 07 / 30 ( Tue )
*横浜芽吹きの会主催・保養キャンプへの支援報告(2)*

2013年7月13~15日、横浜市青葉区において横浜芽吹きの会主催の保養キャンプが開催されました。

14日、関東スタッフ1名+家族が、ボランティアスタッフとして遊びのコーナーや食事の配布のお手伝いなどを行ってきました。

子供達は水遊びや様々な遊びの縁日コーナー、スイカ割りやどろんこ遊びなど、思いっきり楽しんでいたようです。
ママ達もマッサージやメイク教室などを体験していました。
日頃様々な思いで緊張した心と体を、少しでも緩めてリフレッシュできていればいいな、と思います。

今回、仙台チャリティバックからは縁日コーナーのひとつとして、ボーリング遊びを準備しました。
また、準備したキャンディレイは、縁日コーナーのスタンプラリーを終えた子供へ賞品として1人1つ手渡されました。男の子も女の子もとても喜んでくれたようです!
ボーリング2
ボーリング遊び
景品のキャンディレイ
景品のキャンディレイ


15日は我々のスタッフは参加できませんでしたが、準備したお菓子の詰め合わせを帰りのバスで配っていただきました。こちらも好評だったそうです。
また、飾り付けのガーラントは記念にお持ち帰りいただきました。
ボランティアスタッフの方からも欲しいという声がありお持ち帰りいただいたそうで、うれしい限りです。

多くのボランティアスタッフの方々もまた、いろんなことを感じたのではないのでしょうか。
ボランティアの1人の男子大学生は、「外で遊んでいいの?泥んこ遊びははじめて・・」、子供の中にこういう声があったことを聞き、なんともいえない気持ちになりましたとおっしゃっていました。
子供にとって当たり前のはずの遊びが制限されてしまう理不尽な現実に、同じ子供を持つ親として胸がつまる思いがします。
こうした保養キャンプを定期的に行い、リラックスした時間を持つ事が心身ともにとても重要なのだろうと改めて感じさせられました
ピザ
ボランティアスタッフの方々


3日間のキャンプは無事終了し、12組の親子はそれぞれたくさんの思い出を胸に家へ帰ったことと思います。
ピザを焼いてくれた人、ご飯を作ってくれた人、マッサージをしてくれた人、子どもをずっと見てくれた人、バスを運転してくれた人・・・
自分達に関わってくれた多くの人がいたことを思い出す時、ガーラントが飾られていたな、クッキーおいしかったな、キャンディレイうれしかったな、と感じていただくことがあるかもしれません。
いつもアイテムをお買い上げいただいている皆様、支援作業にご協力いただいた方々の温かい思いはきっと届いていることでしょう。

横浜芽吹きの会様にとっては始めての保養キャンプで、会場や食事、イベントの準備や50人ものボランティアさんとのやりとりなど、企画から当日の運営まで本当に大変な作業であったろうと思われます。
スタッフの皆さんの熱意には感服しますとともに、我々もいろいろと学ぶことがありました。
今回仙台チャリティバックがさせていただいたことは、3日間のキャンプの中では本当に小さなことです。
しかしながら、仙台・埼玉・神奈川とそれぞれの場で手作業しながらその人たちのことを思えたこと、それをひとつに集めて持っていき直接お渡しできたことは、私たちにとっても新しい支援の形を経験させていただけた場でした。

横浜芽吹きの会様との出会いがあっての支援、また日頃よりこの活動に賛同いただいている皆様のご協力あっての支援であります。
これからも皆様の思いを大切に、必要としている方にお届けしていきたいと思います。
スポンサーサイト
08 : 09 : 15 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
横浜芽吹きの会主催・保養キャンプへの支援報告(1)
2013 / 07 / 14 ( Sun )
*横浜芽吹きの会主催・保養キャンプへの支援報告(1)*

2013年7月13~15日、横浜市青葉区において横浜芽吹きの会主催の保養キャンプが開催されました。

13日午前、参加親子が到着する前に、仙台チャリティバックから関東スタッフ1名+家族が、支援用の品々の段ボール運びと飾りつけのお手伝いをしてきました!

キャンプ会場には、若者からそうじゃない人までたくさんのボランティアスタッフさんたちがいらっしゃり、遠くは熊本から駆けつけたという方も!
また、荷物の種類の多さとその量にびっくりしました。
このキャンプの開催までに、芽吹きの会のスタッフの皆さんも、細かな買い出しなど、本当に大変だったのだろうと感じました。

スタッフが製作したガーラントは、大学生位の女の子たちにもお手伝いいただき、皆さんの寝室となる部屋、食堂、廊下、玄関に飾りつけました。
雰囲気作りにもあっていたようで、ほっとしました。
      飾りつけ
      横浜芽吹きの会スタッフ(左)、仙台チャリティバックスタッフ(右)、
      ボランティアさん(奥)

また、食堂のホワイトボードに支援団体の紹介をするコーナーがあり、スタッフの写真や今回の支援作業の様子をまとめたものを掲示させていただきました。
      活動紹介

スタッフ用Tシャツ50枚もボランティアスタッフさんに貸与されました。
また、300枚のハート型カードも設置いたしました。
      スタッフTシャツ

14日はボーリング遊びのコーナーを担当し、景品としてキャンディレイをお渡しする予定です。
こちらの様子は次回の記事でお伝えいたします。

23 : 09 : 55 | 活動・支援内容 | page top
*横浜芽吹きの会主催の保養キャンプへの支援作業(2)*
2013 / 07 / 14 ( Sun )
*横浜芽吹きの会主催の保養キャンプへの支援作業(2)*

前回の記事でお知らせしました横浜芽吹きの会主催の保養キャンプへの支援のうち、帰りのバス用のお菓子の袋詰め作業を、関東スタッフが行いました。

子供達にはパックジュースと様々なお菓子の詰め合わせです。
一つは手作りのものを。。との思いから、仙台友の会手作りの動物型抜きクッキー(卵アレルギーの方には卵なしのココナッツクッキー)を入れました。

お菓子・子供


また、ママさんたちには同じく仙台友の会手作りのクッキーと、気仙沼アンカーコーヒーのカップオンコーヒー(お家でのくつろぎのひと時に)を詰め合わせました。

お菓子・大人


帰りのバスで過ごす時間が少しでも楽しいものになりますように。
また、急なお願いにもかかわらず快く協力くださいました仙台友の会の皆様、
本当にありがとうございました。
23 : 06 : 46 | 活動・支援内容 | page top
横浜芽吹きの会保養キャンプへの支援作業
2013 / 07 / 10 ( Wed )
*横浜芽吹きの会主催の保養キャンプへの支援作業*

横浜市で震災後から東北支援活動を行ってきた「横浜芽吹きの会」という団体があります。
震災後横浜で支援物資を集め、必要とする方々に送るという活動をしていく中で
福島県郡山市の保育園との出会いがあり、外遊びが十分にできない子供達や
様々な思いを抱える母親達の力になれればと、今回の保養キャンプが企画されたそうです。
今回12組32名の母子が招待され、運営費は様々な方々からのご寄付から出されています。

私たち仙台チャリティバックからも何か協力できることはないかとお話させていただいたところ、
仙台のママグループが福島のママグループに何か目に見えるようなところでサポートしてほしい
とのことで、下記のような提案を頂きました。
  ・宿泊場所が元学校であり殺風景なので何か飾り付けがあれば
  ・外遊びの際のちょっとした遊びのブース
  ・帰りのバスで子供達に渡すお菓子の詰め合わせ
  ・当日皆さんに一言メッセージを書いて頂くためのハート型のカードの製作

何が出来るのか、何が必要か、仙台チャリティーバックスタッフで話し合いを持ちました。
その結果、
  ・飾り付けのガーラント(紐に色とりどりの三角形の旗が並んだ飾り)の製作
  ・ボーリング遊びとその景品としてキャンディレイ(飴の首飾り)の製作
  ・帰りのバスで渡すお菓子の詰め合わせの準備
  ・ハート型メッセージカードの製作

これらを仙台スタッフ及びサポーターさん、関東スタッフで手分けして行う事を決めました。

7月2日、仙台市の向山幼稚園内のお部屋をお借りして、ガーラント・キャンディレイの製作を行いました。
この日は仙台スタッフの他に、幼稚園内でのアイテム注文や受け渡しのお手伝いをしていただいているサポーターさん数名もいらしてくれました。
皆さん、和気あいあいと、だけど目は真剣!手の動きは止まらずに!でした。
仙台スタッフによりますと、製作中は皆さんとっても優しい気持ちになれ、このホンワカした気持ちが少しでも届きますように。。そんな雰囲気でいっぱいだったそうです。

作業2作業3
作業1sキャンディレイ

また、関東スタッフが自宅にてハート型カード300枚、ガーラントの製作を行いました。
飾り付けを決める際、できるだけごみの出ないようにと考え、ガーラントなら最後に持ち帰っていただき、自宅に飾れるのでは!とのアイデアから決めました。
色とりどりのガーラントが、子供達の過ごすお部屋を少しでも明るく楽しい空間にしてくれたらと、スタッフ一同心から願っています。

       ガーラントとカード

キャンプ当日は、関東スタッフ1名がボランティアスタッフとして参加し、
飾り付けや他のボランティアスタッフの方とともにボーリング遊びのブースを担当する予定です。
当日の様子は後日ブログ上にてお知らせいたします。

どうかキャンプ期間中、お天気に恵まれ、皆さんが楽しい時間を過ごせますように!
09 : 16 : 04 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2013年5・6月の活動・支援報告
2013 / 07 / 10 ( Wed )
*2013年5・6月の活動・支援報告*

(活動報告)

2013年5・6月を通して、Tシャツ79点、バック18点の、計97点のアイテムを
販売いたしました。

このうち、大人Tシャツ50枚は、福島県の母子を招待した保養キャンプを企画されている
横浜芽吹きの会様より、当日のスタッフ用Tシャツとしてご注文いただきました。
このキャンプの運営費は様々な方からの寄付金から出されています。
今回のTシャツ50枚については、10万円という大きな金額になるため、一時は悩まれたそうです。
しかし、セキュリティはとても重要なのでぜひ実行してほしいと、その金額を寄付してくださった方がいらっしゃり、決断されたそうです。
Tシャツの購入を通して、津波で工場を被災された印刷会社のカネヒロさんの支援にも繋がるという事もあり、仙台チャリティバックのTシャツをご注文くださいました。
今後も活動を続けていく中で着続けていきたいとのお言葉もいただきました。
ご縁あってこのような注文をいただけたこと、感謝いたします。

(支援報告)

横浜芽吹きの会主催の保養キャンプへの支援として、
ガーラント、キャンディレイ、ハート型のカードの製作を行いました。

   詳しくは次回の記事にてお知らせいたします。
 
2013年6月末までに、約940人の方々に2,306枚のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,224,960円と、お寄せいただいた寄付金94,506円を合わせた
計1,319,466円を、支援のために活用させていただき、

これまでに、
計51台の様々なタイプの自転車、
アイロン・アイロン台各1台、バック15点、
空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として
   100,000円を寄付いたしました。
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』様へ
   活動資金として100,000円を寄付いたしました。
石巻キッズ・メディアステーション様へ
   チャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円を寄付いたしました。
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
   キリストこども市での収益27,673円を寄付(向山幼稚園を通して)いたしました。

皆様のご支援、ご協力のおかげで、日々活動を続けることができています。
本当にありがとうございます!
09 : 07 : 48 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。