2017年1〜8月の活動・支援報告
2017 / 09 / 16 ( Sat )
*2017年1〜8月の活動・支援報告*

(活動報告)

2017年1〜8月を通して、Tシャツ34点、バック24点、エプロン14点の、計72点のアイテムを販売いたしました。

(支援報告)

2017年7月に東京都町田市にて行われた『母ちゃんず』主催の保養キャンプの運営資金として、50,000円の寄付を行いました。

『母ちゃんず』は、「こどもたちの未来を守りたい」という思いのもと、放射線量の高い地域に住む親子を招き、保養キャンプを企画・運営している神奈川県相模原市のママ達の団体です。
2012年、2013年、2016年の支援に続いて、保養キャンプの運営資金として50,000円の寄付を行いました。

活動内容や保養キャンプの様子などは、《母ちゃんずHP》にて紹介されております。ぜひご覧下さい。


2017年8月に神奈川県横浜市にて行われた『NPO法人結ぶ』主催の保養キャンプの運営資金として、200,000円の寄付を行いました。

『NPO法人結ぶ』は、「被災地の子どもたちへ笑顔を届けたい!」という思いのもと、【福島kidsどろんこプロジェクト】という保養キャンプなどを定期的に行っているNPO法人です。
2015年、2016年の保養キャンプへの寄付に続いて、保養キャンプの運営資金として200,000円の寄付を行いました。
以前ご購入いただきましたチャリティTシャツを、毎年スタッフTシャツとして着てくださっています。澄んだ青空のようなカラーと栗城みちのさんの可愛らしいイラストが、キャンプの楽しい時間にお役に立てている事をとても嬉しく思います。

活動の内容や保養キャンプの様子などは《NPO法人facebookページ》にて紹介されております。ぜひご覧下さい。

2017結ぶキャンプ12017結ぶキャンプ42017結ぶキャンプ32017結ぶキャンプ5


今回支援しました2団体の保養キャンプに、神奈川在住のスタッフがボランティアとして参加してきました。
キャンプの様子や感じたことなどを少しお伝えできたらと思います。

「7月29日(土)、小6娘、小3息子と私の3人で『母ちゃんず』主催の保養キャンプ2日目のボランティアとして参加しました。福島から来た親子さん達と一緒に川遊びをしました。参加している子ども達が網を片手に浅い川に入って、めだかやおたまじゃくしを取ったり、石をひっくり返してカニを探したりしていました。大人は遊んでいる様子を見守ったり、一緒にカニを探したり、バケツに集めた宝を見て周ったり、福島からのお母さんやボランティア同士で話しをしたりして過ごしました。
お昼には、台所ボランティアさんたちが朝から作ってくれた温かくて美味しい昼ご飯を頂き、午後は体育館でボール遊びと川遊びの好きな方に分かれて2時間程過ごし、おやつの時間。ボランティア団体の方からの手作りの可愛らしいクッキーの袋を一袋ずつ子ども達はもらい、どの子も大事そうに食べていました。
これまでに何回か母ちゃんずさんの保養ボランティアに参加させてもらっているので、スタッフの皆さんや福島からの参加者の方にもお顔がわかる方が何人かいて、直接話せなくてもお元気そうな様子を伺えたことも嬉しいことでした。また、この保養キャンプを応援している人達がこの場所にいなくても色んな場所に存在し支えていらっしゃることが、キャンプのあらゆる場面でわかったことも貴重な体験でした。

8月2日(水)、『NPO結ぶ』主催の保養キャンプにボランティアとして親子で参加し、バーベキューの準備から片づけまでを当日いらっしゃるボランティアの皆さんと共にさせてもらいました。バーベキューが始まる前にそれぞれのボランティアグループの紹介があり、私からは、子育て中の母達で続けている私たち仙台チャリティバックが、オリジナルのチャリティアイテム販売から得たお金を保養キャンプへ支援させてもらっていることを皆さんにお話できました。なかなかそのように直接お伝えできる機会がなかったので、震災後から続く私たちの小さな活動のことも皆さんに知ってもらえ嬉しかったです。

バーベキューの準備中や食後にお話しさせてもらった福島からのお母さん方は、今回初めて保養キャンプに参加した方ばかりでした。まだこのように保養キャンプをしてくれている所があるという情報を得ることも、福島で毎日小さな子を育てながらの中では簡単ではない様子でした。でも今回思いきって子どもと一緒に来てみて良かった!と話してくれたお母さんもいらっしゃいました。家庭を数日空けることはどこに住んでいる主婦にとって簡単なことではないと思いますが、各地にいろんな形でやっている保養キャンプがあるので、その家庭のご都合に合わせて思いきって参加してみると、そこでの出会いから様々な情報を得るヒントにも繋がっていくのかなと思いました。
また、ボランティア側にとっても同じように、当日1日だけでもお手伝いすることで得る出会いも多くあります。一緒に連れていく子ども達にも、どうして今もこの様な保養キャンプをしなくてはならないのかを自分達の体験を通し伝えることができ、東北の現状をもっと近くに感じられるきっかけにもなっていると感じています。

この夏の2団体の保養キャンプに参加して私が強く感じたのは、福島のお母さんがどんなことをされても消すことができない不安や恐れが今も常に心にあり、それを消してあげることができない現実の世の中があるという事でした。せめてそれを吐き出せる場所や人が今後も絶対に必要なのだとも改めて思いました。
今後も地道に私たちのできる活動を行う事で、各地に今の東北、福島の親子達のことを知っている人が少しでも増えていき、大変な思いを抱えているお母さん達と子ども達がこの先もっともっと気を楽に過ごしていけたらいいのに。とそんな風に感じたこの夏のキャンプボランティアでした 」


今後も私達に出来ることを探しながら、思いを寄せていきたいと思っております。

2017年8月末までに、約2,100人の方々に3,280点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,828,040円と、お寄せいただいた寄付金294,693円を合わせた
計2,122,733円からこれまでの諸経費109,713円を差し引いた金額2,013,020円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、
アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
『母ちゃんず』へ保養キャンプの運営資金として
  2012年12月に100,000円、2016年7月に50,000円、2017年7月に50,000円
『NPO法人結ぶ』へ保養キャンプの運営資金として
  2015年7月に100,000円、2016年8月に50,000円、2017年7月に200,000円
合計1,009,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへのお菓子や飾りなどの提供、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへのお菓子と飲料の提供、
『NPO法人結ぶ』主催の保養キャンプへの飲料の提供、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
00 : 52 : 28 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
2016年10〜12月の活動・支援報告
2017 / 09 / 03 ( Sun )
*2016年10〜12月の活動・支援報告*

(活動報告)

2016年10〜12月を通して、Tシャツ37点、バック49点、エプロン21点の、計107点のアイテムを販売いたしました。

2016年11月3日、翠ヶ丘教会・幼稚園バザーに出店いたしました。
今回で4回目になる相模原市の翠ヶ丘教会・幼稚園バザー販売を無事に終えることができました。
当日は、幼稚園の保護者・祖父母様や教会会員の方、卒園生やご近所さんなど、多くの方がブースに寄ってくださり、3時間の短い時間で26人の方に31点のチャリティアイテムを買っていただきました。

大変ありがたい事に今年も幼稚園のバザーでチャリティバックを販売しませんかとお声をかけていただいたことと、前の年もヘルプしてくれた4名の卒園児ママさんが一緒にするよ!!っと声をあげてくれたことから、様々な方とお声を交わしながら販売させて頂く機会が持てました。

今回感じたことは、東北の子どもたちを心配している方がまだまだたくさんいらっしゃることです。
チャリティアイテムを選び買ってくださる方々、スタッフと一緒に販売ブースを飾ったり販売メンバーの為に手作りの名札を作ってきてくれる方、大きな声で呼びかけ、アイテムのことを紹介しながら販売してくれる方、私たちが支援している保養キャンプのパンフレットを見ながら今もどうして保養キャンプに行かないとならないかを真剣に聞いてくださる方、みんな東北の子供達に思いを寄せずっと心配して下さる方たち。
一人一人は『これだけでなんにも・・』と謙遜されるのですが、その『これだけで・・』が集まるとびっくりする位の大きな力になっています。
あの日からもうすぐ6年になります。支援の形は様々に変わっていますが、「少しでも何か力に」という皆さんの思いが積み重なり、今日までこのような活動を続けてこれたのだと強く感じています。

ご協力いただいた多くの皆様と翠ヶ丘教会様、翠ヶ丘幼稚園様に心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。


2016翠ヶ丘バザー2



(支援報告)

2016年12月末までに、約2,100人の方々に3,208点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,779,000円と、お寄せいただいた寄付金294,692円を合わせた
計2,073,692円からこれまでの諸経費102,513円を差し引いた金額1,971,179円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、
アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
『母ちゃんず』へ保養キャンプの運営資金として
  2012年12月に100,000円、2016年7月に50,000円
『NPO法人結ぶ』へ保養キャンプの運営資金として
  2015年7月に100,000円、2016年8月に50,000円
合計759,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへのお菓子や飾りなどの提供、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへのお菓子と飲料の提供、
『NPO法人結ぶ』主催の保養キャンプへの飲料の提供、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
00 : 40 : 09 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
バザー出店のお知らせ
2016 / 10 / 22 ( Sat )
*神奈川県相模原市の
翠ヶ丘教会・翠ヶ丘幼稚園バザーに出店します!*


日時:2016年11月3日(木)チャリティバックブースの販売は11時~14時
場所:相模翠ヶ丘幼稚園
   〒252-0312 神奈川県相模原市南区相南2-25-65
       Tel.042-742-1593  (HPはこちら)
   なお、駐車場はございませんので公共交通機関をご利用下さい。

翠ヶ丘教会・幼稚園のご協力をいただいて、今年で4回目の出店になります。
当日はチャリティバック・エプロン販売とTシャツの予約販売も承ります。
去年のバザーで販売してくれたサポーターママさんたちに助けてもらいながらスタッフも
伺いますので、活動内容やチャリティアイテムについてわからないことは直接聞いてくださいね。
また、幼稚園ではリサイクル服や手作りの小物販売、お子さんも楽しめる遊びのブースなどもあるとのことです。
お近くの方は是非お越しください!


05 : 31 : 28 | 未分類 | コメント(0) | page top
2016年4〜9月の活動・支援報告
2016 / 10 / 03 ( Mon )
*2016年4~9月の活動・支援報告*

(活動報告)

2016年4月〜9月を通して、Tシャツ28点、バック4点、エプロン2点の、計34点のアイテムを販売いたしました。

とてもありがたいことに、繰り返しご注文くださる方がたくさんいらっしゃいます。お友達やお知り合いにご紹介くださる方も多く、このようにチャリティの活動を続けていくことができています。気づけば販売したアイテムの数は3,000点を超えていました。こんなに多くの方にTシャツを着ていただき、バックを使用していただいているのかと思うと、驚きとともに様々なご縁にあらためて感謝せずにいられません。
本当にありがとうございます。

(支援報告)

2016年7月26~30日に東京都町田市にて行われた『母ちゃんず』主催の保養キャンプの運営資金として、50,000円の寄付を行いました。

『母ちゃんず』は、「こどもたちの未来を守りたい」という思いのもと、放射線量の高い地域に住む親子を招き、保養キャンプを企画・運営している神奈川県相模原市のママ達の団体です。
2012年、2013年の支援に続いて、3度目の支援となります。
活動内容や保養キャンプの様子などは、《母ちゃんずHP》にて紹介されております。ぜひご覧下さい。

2016年8月8~10日に神奈川県横浜市にて行われた『NPO法人結ぶ』主催の保養キャンプの運営資金として、50,000円の寄付を行いました。
また、キャンプ当日に冷たい飲み物などの提供を行いました。


『NPO法人結ぶ』は、「被災地の子どもたちへ笑顔を届けたい!」という思いのもと、【福島kidsどろんこプロジェクト】という保養キャンプなどを定期的に行っているNPO法人です。
2015年7月の保養キャンプへの寄付に続いて、今年も保養キャンプの運営資金として50,000円の寄付を行いました。
活動の内容や保養キャンプの様子などは《NPO法人結ぶHP》にて紹介されております。ぜひご覧下さい。
また当日には、真夏の野外での活動中に少しでも体を休めてもらえればと考え、参加者とスタッフさん用に凍った飲み物などをお届けしました。
キャンプ当日は本当に暑く、大変喜んでいただけたということです。
企画や運営は全てボランティアのスタッフさんがされているのですが、スタッフTシャツとして以前にご購入いただいた我々のチャリティTシャツを皆さんが着てくださっています。また、参加した子供たちの着用しているビブスも昨年の寄付金から作られたものです。どちらも大切に使っていただいて、またお役に立てていることがとてもうれしいです。

2016結ぶ保養1 2016結ぶ保養5
2016結ぶ保養2 2016結ぶ保養8
<キャンプ当日の様子>

あの日が無ければ背負うことのなかった様々な思いを抱えながら、日々の暮らしを前向きに歩んでいるご家族がたくさんいらっしゃいます。こうして月日が流れても簡単には解決しない問題も多く、子供達の健康のため、そしてご家族が少しでも肩の力を抜いてリフレッシュするため、このような保養キャンプで過ごす時間というのは本当に大切なものなのだと感じています。これからもわれわれの出来る形で支援を続けていけたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


2016年9月末までに、約2,100人の方々に3,101点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,708,960円と、お寄せいただいた寄付金293,591円を合わせた
計2,002,551円からこれまでの諸経費98,133円を差し引いた金額1,904,418円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、
アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
『母ちゃんず』へ保養キャンプの運営資金として
  2012年12月に100,000円、2016年7月に50,000円
『NPO法人結ぶ』へ保養キャンプの運営資金として
  2015年7月に100,000円、2016年8月に50,000円
合計759,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへのお菓子や飾りなどの提供、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへのお菓子と飲料の提供、
『NPO法人結ぶ』主催の保養キャンプへの飲料の提供、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
23 : 38 : 11 | 活動・支援内容 | コメント(2) | page top
チャリティアイテムの紹介
2016 / 09 / 06 ( Tue )
*チャリティアイテムの紹介*

仙台チャリティバックでは、オリジナルのTシャツ・バックを販売し、その収益をもとに支援活動を行っております。Tシャツは注文後の製作となりますため、発送までに3週間程お時間を頂きますことをご了承ください。

☆Tシャツ☆
Tシャツキッズ
(左・110サイズピンク、右・90サイズターコイズ)
Tシャツウーマンサイズ
(WMサイズデニム)
イラスト小jpg
(イラスト部分)

  (サイズ) 大人用・・・・150・160・S・M・L・XL
                 WS・WM・WL(レディースサイズです)
        子供用・・・・100・110・120・130・140
        ベビー用・・・・70・80・90(左肩スナップ開き)
  (素材)   綿100%
  (色)   50色の色見本(こちらをクリック!)からお好きな色をお選び下さい。
        ベビー用は12色展開になりますので、こちら(色見本ページ右上)より
        お選び下さい。
  (価格)  大人サイズ     2,000円(税込)
        子供・ベビーサイズ 1,800円(税込)

☆バック・L☆
白Lサイズ手持ち紺L小サイズ

  (大きさ)   幅 46.5cm × 底マチ幅 14.5cm × 高さ38.5cm
  (素材)    綿100%キャンバス地
  (価格)    白色、1,500円(税込) 紺色、1,600円(税込)

☆バック・S☆
白S小サイズ赤バック手持ち

  (大きさ)   幅 29.0cm × 底マチ幅 9.5cm × 高さ20.5cm
  (素材)    綿100%キャンバス地
  (価格)    白色、1,000円(税込) 赤色、1,100円(税込)

☆エプロン☆
エプロン前エプロン後ろエプロンイラスト部分

  (大きさ)  フリーサイズ(身丈cm)
  (色)    チョコレート色
  (素材)   ツイル地(ポリエステル65%・綿35%)
  (価格)   2,300円(税込)

<注文方法>
    【ご注文フォーム】に、
    アイテムの種類・色・サイズ・数量・合計枚数をご記入いただき、
       (例:Tシャツ、レッド、150サイズ、1枚
          バック、白色、Lサイズ、2枚    合計3枚)
    送付先住所・氏名・お電話番号をお知らせください。

    こちらから注文受付のメールにて、合計請求額、発送予定日をお知らせします。
    内容をご確認の上、お振込み下さい。
    ご入金を確認した時点で注文が確定します。
    約3週間後お手元に届きます。

<配送について>
    郵便局のレターパックにてお送りいたします。
    (2アイテムまで360円、3アイテム510円)
    4アイテム以上は宅配便になり、送り先の住所により送料が変わるため、
    注文受付のメールにて詳しくお伝えいたします。
          
<振込先>
    ゆうちょ銀行  記号18150・番号24059091  センダイチャリティバック
    
<お問い合わせ先>
    ご不明な点、質問等がございましたら、
    【仙台チャリティバックお問い合わせ先】まで、
    お気軽にお問い合わせ下さい。
20 : 55 : 39 | *ご注文はこちらから* | page top
5年目を迎えて
2016 / 06 / 21 ( Tue )
*5年目を迎えて*

3月11日、東日本大震災から5年が経ちました。
亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

死者1万5,894人、行方不明者は2,561人、震災関連死3,410人。
約17万8,000人の方々が今も元の家に帰ることが出来ず、
仮設住宅や民間の賃貸住宅、親戚・知人宅に住まわれているそうです。
5年経っても尚、仮設住宅への入居戸数が6万戸以上、進まない宅地造成。
未だ多くの課題が残る現状があります。
この活動を通して出会った方々は、皆さんどうしていらっしゃるでしょうか。
復興の歩みは様々ですが、ひとりひとりが日々の暮らしに小さくとも明るい心を持てている事を願わずにいられません。
それぞれが時に立ち止まり、時に寄り添い合いながら、それぞれの道を一歩一歩歩んでいけるよう、願っております。

スタッフ一人一人も、それぞれにあの日を思い過ごしました。
今こうして穏やかに過ごせる事に感謝しつつ、自然災害の恐ろしさとそれに備える事の大切さを心にしっかりときざみ、これから育つ震災を知らない世代にも語り継いでいかなくてはと感じております。
子供を育てる母親として、地域社会の一員として、今できることをもう一度考えてみたいと思います。


23 : 15 : 14 | 未分類 | コメント(0) | page top
2015年12月~2016年3月の活動・支援報告
2016 / 06 / 21 ( Tue )
*2015年12月~2016年3月の活動・支援報告*

(活動報告)

2015年12月〜2016年3月を通して、Tシャツ6点、バック8点、エプロン5点の、計19点のアイテムを販売いたしました。


(支援報告)

2016年3月末までに、約2,110人の方々に3,067点のアイテムをお買い上げいただきました。
その収益1,682,740円と、お寄せいただいた寄付金293,591円を合わせた
計1,976,331円からこれまでの諸経費98,133円を差し引いた金額1,878,198円を、
支援のために活用させていただき、

これまでに
計56台の様々なタイプの自転車、
アイロン・アイロン台各1台、
バック15点、空気清浄機1台、野球用練習靴1点、
卒園・入学用子供用スーツ一式2セット、野球用品22点
を、
必要としていた方にお届けすることができました。
また、
東松島市特定図書費への支援として100,000円、
福島の子供達を支援する団体『母ちゃんず』へ活動資金として100,000円、
『石巻キッズ・メディアステーション』へチャリティー・ヨガイベントでの収益4,880円、
国境なき医師団等の団体と仙台市で震災支援活動をしている団体へ
  2012年度キリストこども市での収益27,673円(向山幼稚園を通して寄付)、
  2013年度キリストこども市での収益26,534円(向山幼稚園を通して寄付)、
被災した子供達に思い切り遊べる場を提供している『Smile Kids Project ASOBO』 へ活動資金として
  2013年10月に100,000円 、2014年3月に100,000円、2014年12月に100,000円
『NPO法人結ぶ』へ保養キャンプの運営資金として100,000円
合計659,087円 の寄付
を行いました。
その他に、
『横浜芽吹きの会』主催の保養キャンプへの支援、
『母ちゃんず』主催の保養キャンプへの支援、
向山幼稚園に保管されていた支援物資の整理作業の支援
「こどもえんフェス!」への入場料支援
を行いました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。
23 : 14 : 56 | 活動・支援内容 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>